ロード・MTB・軽快車から原付バイクまで販売とサポート

サイクル ラビット

営業時間

営業時間:9:00~12:00 / 14:00~19:00
定 休 日 :毎週木曜日

【整備・修理】バイク

フューズケーブルの断線

投稿日:

昨日までエンジンかかっていたのに、突然かからなくなったとご来店。

AF61のトゥデイ、ほぼ10年物です。

キックスターターでは問題なく始動しますがセルスターターは一切無反応。

※キックスターターで始動するとお客様が驚いておられましたが、Todayはバッテリーを外したとしても、エンジンは一応始動します。

セルスターター・ウインカー・ホーンが作動しないとなるとバッテリーを疑います。

どれどれ…!?

おっと、フューズのケーブルが断線しております。

それに青(銅の錆)があちらこちらに吹き出てます。

原因はフューズボックスの収納場所が水浸しになっていたためでした。

あの矢印の部分に水抜き穴があるのですが、そこが完全に塞がっていました。

それで銅端子が錆びて断線に至ったと推測されます。

こんなパターンは正直初めてです。

正確にはハーネスの全交換となりますが、そんなたいそうするよりお乗換えをお勧めです。

とかなんとか言いつつもケーブルにフューズ用の端子を挿げ替えて修復いたしました。

ここぞというときのギボシ端子が活躍します。

そして防錆と接点復活にはこれがいつも大活躍です↓

-【整備・修理】バイク
-,

Copyright© サイクル ラビット , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.